レンタルオフィスのメリット・デメリット

ビジネスビル

スポンサーリンク

スポンサーリンク

独立して仕事をする際、事務所をどこに構えるかは悩みどころですよね。

新しく事務所を借りることも一つの方法だとは思いますが、まだ起業したばかりで資金繰りのメドが立たない場合、あまり固定費をかけるのはリスクだと思います。

そこで、事務所を賃貸するよりも手軽に利用できるレンタルオフィスを検討してみることをお勧めいたします。

今回はレンタルオフィスついてのメリット、デメリットについてご説明いたします。

レンタルオフィスのメリット

初期費用が安い

事務所を賃貸した場合、敷金や礼金、保証金といった初期費用がかかりますが、レンタルオフィスの場合、初期費用は入会金程度なので、初期費用を抑えることができます。

設備が整っている

事務所を賃貸した場合、コピー機や机等の備品関係については自分で一から揃えなくてはなりませんが、レンタルオフィスの場合、備品等は常に備わっており、すぐに事業を開始できる環境が整っています。

アクセスが良い

レンタルオフィスは交通のアクセスが良く、駅から近い場所で開設されていることが多いです。

交通のアクサスが良く、駅から近い場所を事務所で借りようと思ったらかなりの費用がかかってきてしまいます。

レンタルオフィスのデメリット

オフィスが狭い

レンタルオフィスは一つのオフィス当たりの面積が狭い傾向にあります。

さらに、場所によっては窓がついていないオフィスもあるため、圧迫感を感じる可能性があります。

取引先からの見た目

レンタルオフィスを事務所にしている場合、この人と取引を行って大丈夫だろうかという印象を取引先に与えてしまう可能性があります。

現在はレンタルオフィスも普及しているため、そういった偏見は減ってきているのでしょうが、ちゃんとした事務所を構えている事業主より信頼性が劣ってしまうというのは否定できないでしょう。

電話がしづらい

レンタルオフィスの場合、上だけ筒抜けとなっているオフィスや隣との壁がうすく、声が筒抜けになってしまうオフィスもあります。

そのようなレンタルオフィスの場合、電話の声が他の利用者に聞こえてしまうため、気を使って電話をしなくてはいけなくないだけでなく、情報漏洩の面でも不安がでてきてしまいます。

最後に

レンタルオフィスにはメリットもありますが、もちろんデメリットもあります。

最近は様々なタイプのレンタルオフィスがあるため、一度自分のスタイルに合いそうなレンタルオフィスを探してみることをお勧めいたします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク