【創業融資】創業のストーリー作り

スポンサーリンク

スポンサーリンク

日本政策金融公庫にしろ、市区町村の制度融資にしろ、いずれも創業融資に申し込む際には、創業の目的・経緯を文章に起こし、面談時には審査担当者に想いを伝える必要があります。

まだ実績のない創業者にとって、創業への想いというのは、融資審査を受ける際に一番重要な部分となってきます。

今回は、創業のストーリー作りについて解説していきます。

創業のストーリーとは

創業のストーリーとは、なぜ自分が創業にいたったのかという経緯のことです。

何を思って創業したのか?何を目的に創業したのか?をストーリーにしていくことになります。

一人一人創業に至った経緯というのは違うと思いますので、人真似はせず、自分だけのストーリ作りをしましょう。

どのようにストーリー作りをするか?

いきなり創業の目的はなんですか?と聞かれても、漠然とした答えしか出てこない人が多いと思います。

そこで、相手に伝わるストーリー作りをするために、下記の事項を箇条書きで列挙してみましょう。

・創業をして何を達成したいのか?

・なぜ創業しなくてはならなかったのか?

・創業することによって、周りの人のメリットはあるのか?

・なぜ創業するのは自分なのか?

上記のことを箇条書きで書き出してみることで、自然とストーリー作りの骨格ができてくるはずです。

創業のストーリーのいい例・悪い例

創業のストーリーのいい例と悪い例を列挙します。

いい例

・創業することにより地域活性化をしたい

・創業することにより雇用を生み出したい

・今まで不便に思っていた●●を解消するために創業したい

悪い例

・お金を稼げると思ったから

⇒単にお金を稼げるからではなく、差別化した低価格の商品を提供することができるから等の言い方に変えてみましょう。

・開業するのにいい立地が見つかったから

⇒●●地域の顧客をターゲットにサービス提供したいから等の言い方に変えてみましょう。

なぜ創業のストーリー作りが大事なのか?

これから創業をする人は、そもそも実績がなく、事業の予測も見込みでしかありません。

そのため、融資担当者が一番重視する点は創業者の想いとなります。

審査担当者も人間であるため、熱い想いがある人は応援したいと思うし、熱意がない人に対しては審査を通すのをためらってしまうこともあるでしょう。

創業融資の審査を少しでも有利に進めるためにも、創業のストーリー作りは大事になってくるのです。

最後に

創業に対する熱い想いというのは、誰しもが持っているものだと思います。

上手く作ろうとせず、自分なりの言葉でストーリー作りをすれば、自然と相手に伝わるストーリーは出来上がってきます。

ぜひ、創業融資を申し込もうという方は、ストーリー作りに力をいれて審査に臨みましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク