とある税理士×税務ブログ

ここに税金に関するキャッチフレーズが入りますよ、と。

会計

弥生会計とfreeeの比較

SPONSOR

会計業界でメジャーな経理ソフトである弥生会計とfreeeについて、どちらを使ったらいいか迷っている方も多いのではないでしょうか。

今回は弥生会計(デスクトップ版)とfreeeの比較について書いていきたいと思います。

それぞれ優れている機能やもう少し改善してほしいと思うような機能もあるので、どちらを選んだらよいか迷っている方はぜひ判断材料にしていただけたらと思います。

なお、以下はすべて法人のケースで説明していきます。

<弥生のHPはコチラ>

<freeeのHPはコチラ>

料金

まず一番初めに気になる点は料金ですよね。

会計ソフトは毎年利用料がかかるため、ランニングコストはなるべく低い方が良いです。

弥生会計

弥生会計の利用料は約4万円/年(部門管理もできる上位プランは約8万円)。

バージョンアップしなければ毎年のランニングコストはかかりませんが、消費税改正等に対応したバージョンへ無償でアップデートしたい場合は、毎年約3万円がかかります。

freee

freeeの利用料は約2万円/年(部門管理もできる上位プランは約5万円)。

利用し続けている限り毎年上記のランニングコストがかかります。

比較

毎年のランニングコストで考えると、freeeの方が若干安いです。

またfreeeの場合、月払いができるため初期費用を低く抑えることができます。

上記のことから料金の面ではfreeeに分があるかと思いますが、弥生会計を利用した方がランニングコストを抑えられるケースもあります。

どういったケースかというと、バージョンアップをせず、購入した際のバージョンで利用し続けるケースです。

この場合、毎年のランニングコストはかからないので、最初の購入額のみで利用し続けることができます。

消費税改正の影響がない免税事業者や税込処理を採用している会社の場合、バージョンアップをせずに当初のバージョンで利用し続けてもそれほど支障はありません。

古いバージョンで利用しているけど、税理士とのやり取りは問題ないの?とお考えの方もいるかもしれませんが、税理士側では利用しているバージョンが異なってもやりとりは問題なくできますので安心してください。

操作性

次に操作性について比較していきましょう。

会計ソフトの操作性が悪いとストレスがたまるだけでなく、無駄な時間も消費してしまうため、操作性というのも考慮すべきポイントです。

仕訳入力(手入力)

仕訳の入力スピードで比較すると、弥生会計の方が速いです。

freeeはクラウド上で操作するため、デスクトップで操作する弥生会計にはスピードの面ではかないません。

また仕訳のコピー&ペーストや仕訳削除等についても、弥生会計の方が操作性に優れていると感じます。

ただし、freeeではCSVから仕訳をインポートすることができるため、freeeの画面上で仕訳を入力していくのではなく、いったんCSVに仕訳入力しインポートすることで仕訳入力のスピードを補うことができます。

レスポンス(処理に対する反応)

例えば仕訳日記帳や総勘定元帳、試算表といった元帳を展開する際のレスポンスですが、こちらもデスクトップ上で作業するという理由より、弥生会計の方がレスポンスがいいです。

弥生会計に比べfreeeは各元帳を開く際に少し時間がかかるなという感じがします。

複数画面での利用

弥生会計の場合、基本開いている帳票以外は選択することができませんが、freeeの場合はタブを複製することで複数画面で操作することができます。

私もfreeeを利用していますが、この点が一番クラウド会計が優れている点だと感じています。

デュアルディスプレイを利用している場合、試算表と仕訳帳を別の画面で確認することができますし、ノートパソコンでもタブの移動をすればすぐに違う帳票を確認することができます。

明細の自動取込

どちらの会計ソフトもクレジットカードや銀行明細の自動取り込みを行うことができますが、どちらかというとfreeeの方が対応しているクレジットカード会社数や銀行数が多いなという感じがします。

また、取り込んだ明細の仕訳処理に関してもfreeeのほうが処理しやすいなという感じがしますし、会計知識がない方にもわかりやすい設計となっています。

メモリ消費量

メモリ消費量に関しては、弥生会計はデスクトップで行うためソフトインストールでかなりのメモリを使いますが、freeeはクラウド上で操作を行うためメモリの消費することがありません。

メモリの消費量を気にする方はfreeeの方がいいでしょう。

ノマドワーク

弥生会計はソフトをインストールした端末でしか利用することができませんが、freeeはクラウド上で運用しているため、事務所で利用しているデスクトップでも持ち歩き用のノートパソコンでも利用することができます。さらに言うとスマホでも利用することができます。

いろいろな場所で複数の端末で利用したいという方はfreeeを利用されるといいでしょう。

サポート体制

プランによりことなりますが、いずれも電話・メールでのサポートを実施しています。(サポートプランにより異なりますので注意していください)

freeeの場合は無料でチャット相談をするこができます。

私もちょくちょく利用するのですが、的確に回答が返ってくるので、わからないことがあればすべてチャットで解決できるなという印象をもっています。

税理士とのやり取り

税理士と会計データのやり取りをする方法ですが、弥生会計の場合、会計データのバックアップをし、税理士に送ってチェックしてもらうことになります。

freeeの場合は、クラウド上で運用されているため、税理士と会計データのやり取りが発生せず、税理士はクライアントの会計データにアクセスすることでチェックをすることができます。

税理士との会計データのやり取りが煩わしいという方はfreeeを利用されるといいでしょう。

どちらがよいか

ではどちらの会計ソフトを使ったらよいでしょうか。

下記ではどちらを選んだほうがよいかの目安を記載したいと思います。

弥生会計を選んだほうがいい方

・仕訳入力や総勘定元帳等の閲覧のスピードを重視する方

・免税事業者や税込処理採用の事業者で会計ソフト利用料のランニングコストを気にする方

freeeを選んだほうがいい方

・仕訳の手入力がほぼなく、クレジットカードや銀行での自動取込処理がメインの方

・複数端末で利用したい方

・税理士との会計データのやり取りが煩わしい方

・パソコンのメモリ消費量を気にする方

さいごに

今回は弥生会計とfreeeの比較を行いましたが、皆様の判断材料になりましたでしょうか。

freeeについては無料の使用期間があるため、一度freeeを使ってみて、ダメなら弥生会計を使うという方法でもいいかもしれません。

また、いずれの会計ソフトも企業努力で日々機能の改善を行っているため、随時動向をチェックしていきましょう。

SPONSOR

SPONSOR