とある税理士×税務ブログ

ここに税金に関するキャッチフレーズが入りますよ、と。

会計

クラウド会計が世の中を変えたこと

SPONSOR

以前のようなデスクトップにインストールするタイプの会計ソフトではなく、freeeやマネーフォワードといったクラウド上で操作をするクラウド会計が主流となり、会計や財務周りの流れを変えています。

今回はクラウド会計が世の中を変えたことについて書いていきたいと思います。

会計ソフトが身近になった

今までの会計ソフトは小難しい感じがして、とっつきにくい印象がありました。

しかし、クラウド会計はどちらかというとスモールビジネスを対象にした設計になっているため、誰でも簡単に操作することができ、会計知識がない方でも操作がしやすくなっております。

さらに、インストール型の会計ソフトに比較して安い料金体系となっており、月払いで途中解約の際も費用が発生しないため、導入のハードルが下がっています。

税理士や経理担当等、会計を専門とする一部の方だけではなく、すべての方にとって会計ソフトが身近になりました。

自計化が進んだ

クラウド会計の一番の強みは銀行口座やクレジットカード利用履歴の自動取り込みができるということです。

さらに、専用のスキャナーを利用することで、領収書をスキャンして仕訳を自動で作成することができます。

今まではどちらかというと、領収書を整理して、手入力でパチパチ仕訳を入力していくというやり方が主流でしたが、クラウド会計を利用することで、仕訳入力の手間がだいぶ削減されました。

そのため、自計化のハードルが下がったことにより、税理士に仕訳処理を依頼せず、自分たちで決算処理を行うという流れが進んでおります。

税理士のビジネスモデルを根底から変えた

今までの税理士のビジネスモデルといえば、クライアント先に定期的に訪問し、資料を預かり、仕訳入力後にクライアントに報告という一連の作業が一般的でしたが、クラウド会計を導入することにより、このような作業の流れも大幅に変わることとなりました。

まず、クラウド会計はだれにとっても分かりやすい設計となっているため、クライアントに対する自計化の指導が簡単になり、基本的にはクライアントに自計化を導入する流れが進みました。

そのことにより、税理士側ではクライアントとの会計データのやり取りや資料のやり取りの手間を削減することがでるというメリットが生まれました。

自計化していない場合でも、ネットバンキングの自動取り込み等を利用することで税理士側の入力の時間も削減されています。

さらに、クラウド会計はクラウド上で運用するため、クライアントと税理士で会計データを共有することができるため、クライアント側に訪問して、詳細に内容を説明するということも少なくなってきています。

上記のようにクラウド会計を利用することで、以前のビジネスモデルに比較し、作業の手間が大幅に削減されているため、低水準の報酬で対応することが可能となりました。

今後は、高単価のクライアント先を獲得するのではなく、クラウド会計を利用することで手間を減らし、低水準の報酬でより多くのクライアント先を獲得するという流れがより一層進んでいくと思います。

さいごに

インストール型の会計ソフトに比較し、操作性はやや劣るクラウド会計ですが、日々ユーザーの要望に応えようと改善を進めています。

税理士側に関しては、クラウド会計が使いこなせることが成功する上での必須条件になってくると思うので、クライアントのニーズにこたえらるよう知識をアップデートしていきたいと思います。

SPONSOR

SPONSOR