とある税理士×税務ブログ

ここに税金に関するキャッチフレーズが入りますよ、と。

会計

クラウド会計で決算を効率化

SPONSOR

決算作業は誰にとっても面倒くさいですし、進んでやりたいとは思わない作業です。

しかし、現在はクラウド会計を利用することで、以前のような単純作業かつ膨大な手作業を行わなくてもよくなりつつあります。

今回は、決算作業をクラウド会計で効率化する方法について書いていきたいと思います。

クレジットカードを利用する

クラウド会計はクレジットカードの決済データを自動で取り込むことができます。

自動で取り込まれた決済データから勘定科目が推測されるため、自分で勘定科目を選択する手間が減ります。

さらに、決済金額も自動で取り込まれるため金額入力の手間も減ります。

注意点としては、クラウド会計に対応していないクレジットカードもあるという点です。

ネットバンキングを利用する

上記のクレジットカードと同様に、クラウド会計はネットバンキングのデータを自動で取り込むことができます。

すなわち、取り込んだ日々の取引データをもとに仕訳を予測してくれるので、自分でやることは、内容のチェックと登録ボタンを押す作業のみとなります。

ネットショッピングを利用する

Amazonや楽天などのメジャーなネットショップであれば、クラウド会計と同期することにより、利用履歴を自動で取り込むことができます。

取り込んだ利用履歴をもとに、仕訳を予測してくれます。

請求書をクラウド会計でつくる

売上先に対しての請求書をクラウド会計の請求書機能で作成することにより、自動で売上の仕訳を計上することができます。

また、入金時も請求書との紐づけがしやすいので、未入金先の管理にも役立ちます。

CSV取り込みを利用する

クラウド会計に対応していないクレジットカードやECサイトの場合、自動取り込みができません。

そんな時はCSVでの取込を検討してみましょう。

クレジットカード会社やECサイトからCSVで利用履歴を入手し、クラウド会計に取り込める形式に加工することで、クラウド会計に仕訳をインポートすることができます。

現金決済をなくす

現金決済をすることで、決算作業を行う際の手作業が確実に増えることになります。

すなわち、以下のような作業及び手間が発生します。

  • 領収書、レシートを仕訳入力前に整理する。
  • 領収書、レシートをもとに会計ソフトに勘定科目・金額を手入力

日々何気なく上記の作業を行っていると思いますが、時間に換算すると結構な時間がかかるのではないでしょうか。

クラウド会計への仕訳入力の手間を考え、上記で記載してきた方法で決済手段を代替できないか考えましょう。

おすすめのクラウド会計

上記の記載の点をふまえて私がおすすめするのはクラウド会計freeeです。

クレジットカードやインターネットバンキングの自動取り込みがスムーズにでき、会計知識がなくてもわかりやすい設計になっています。

わからない部分はチャットで質問することができるので、安心して利用することができます。

(クラウド会計freeeのHPはコチラ)

さいごに

決算作業は単純で手間がかかるものであり、それ自体は何ら付加価値をつけるものではありません。

クラウド会計を利用することにより、決算作業を効率化し、本業に集中できるようにシフトしていきましょう!

SPONSOR

SPONSOR