とある税理士×税務ブログ

ここに税金に関するキャッチフレーズが入りますよ、と。

経営

キャッシュレスが進まない理由

SPONSOR

PayPayやLinepay等のキャッシュレスアプリが続々と登場し、様々なキャンペーンによりキャッシュレスの流れを推進していますが、いまだに日本は現金第一主義です。

今回はなぜキャッシュレスの流れが進まないのかについて書いていきたいと思います。

選択肢が多すぎる

現金払いをやめてキャッシュレスにしてみようと考えたものの、キュッシュレスアプリの数が多すぎて何を利用したらよいのかわからないことはありませんか。

キャッシュレスアプリが世の中に出てきたのが最近なので、現在はいろいろなサービスが乱立している状態で、どこの会社が覇権を握るのか競争の真最中です。

そのうち淘汰され、生き残ったサービスを利用すればよいという結論になると思いますが、まだまだ利用者にとっては何を選択すればよいのか分かりづらい状態です。

なに使ったらいいかわからないからとりあえず現金にしようという方も多いのではないでしょうか。

手続きが面倒くさい

いざキャッシュレスアプリをダウンロードして使おうと思ったとしても、口座やクレジットカードとの紐づけ作業が必要になります。

さらにいうと、インターネットバンキングを開設していなければいけなかったり、対応しているクレジットカードを利用しなければいけなかったりします。

手続きが面倒くさいから現金にしようという方も多いのではないでしょうか。

クレジットカード審査のハードル

キュッシュレスにかかせないものとしてクレジットカードがありますが、誰でもクレジットカードが作れるわけではありません。

収入が不安定な方や過去に滞納等の事故を起こしてしまった方の場合、なかなか審査を通過することができず、クレジットカードを作れないということがあります。

キュッシュレスアプリは便利ですが、基本的に少額決済向けのサービスであり、高額決済についてキュッシュレス化するにはクレジットカードが必要となります。

店舗の対応

利用する店舗によってはクレジットカードも利用できず、現金払いのみという店舗も多いのではないでしょうか。

また、キャッシュレスアプリやクレジットカードを導入している場合でも、店舗によって利用できるサービスが異なってくるケースもあります。

例えばPayPayでいうと、現在はコンビニで使える店舗が増えてきましたが、いまだにセブンイレブンは対応していません。

恐らく顧客情報の囲い込み等の戦略があるからだと思われます。

さいごに

今後は今以上にキャッシュレスサービスが便利になり、店舗側でもキュッシュレス化に対応せざるを得ない状況になってくるでしょう。

そうなった時にキャッシュレス化が進まない理由を解消できていいれば、日本もどんどん現金第一主義が減少していくことと思います。

SPONSOR

SPONSOR